鳥取青年会議所(鳥取JC) 『一粒万倍』 HOME > 2021鳥取青年会議所 澤田理事長 のブログ HOME

新着記事

6月定例会

2021年6月18日
皆さん、こんにちは、理事長の澤田です。
先日、の定例会について報告させていただきます。
理事長となり、半年が経過しようとしています。
今年度も折り返しとなる定例会でしたが出席率は、なんと90%を超えていました!
コロナ禍の中で社業も大変な中、ご参加いただいたメンバーの皆様ありがとうございました。

さて、本定例会では後期新入会員の方が入会される定例会でした。
本年度の後期入会は19名の方が入会されました。
そして、鳥取青年会議所では伝統的に入会された方に初めての定例会で一言ずつ挨拶をしていただくことになっています。
皆さんの挨拶を聞きながら、それぞれ家庭や仕事の環境も違う中、こうして一緒に活動できることの縁を感じ、感慨深く思いました。

本定例会の私の冒頭の挨拶で「有難い」という言葉に触れさせていただきました。
有難い=有ることが難しいと書きます。
私たちがJC活動ができる環境は当たり前ではありません。
一つは家族の方、そして会社の方の応援があり活動出来ています。
二つ目はこの組織が存在しているということです。
この組織があることで、私たちは組織から成長の機会を頂き、仲間と共にまちづくりができるのです。
鳥取青年会議所には63年の歴史があります。それは先輩たちがこの組織を残してくださったから私たちが活動できるのです。
折り返し地点に差し掛かり、改めて、そんなことを考えた定例会でした。

5月定例会

2021年6月 3日
皆さんこんばんわ。理事長の澤田です。
先日行いました、5月定例会について振り返っていきます。

本定例会は、コロナ禍が続いていることから、ソーシャルディスタンスをとれる現地会場とオンラインのハイブリットでメンバーが様々な状況の中、選択し、参加できるように設えて開催しました。
私は2009年入会なので、時代は変わったなーと感慨深いです。
私が入った頃、メンバーが選択できるJC活動はほとんどなかったように思います。
それはそれで学ぶことも多かったので、どちらが良いということではなく、JCも変わってきたということだと思います。

さて、本例会は半分くらいがオンライン参加で、私の横にいつもいる、専務もオンラインでしたので正にニューノーマルな定例会となりました。
会場は少し寂しいような気もしましたが、設営委員会も多くの方にJC活動を行ってもらえるよう工夫しての設営ですので、個人的には素晴らしい定例会であったと思います。

定例会の内容ですが活発に各委員会の報告もしてくれました。そして今月も外部講師として新日本海新聞社の荒木様をお招きし、地元新聞社のまちづくりや地域づくりと、青年会議所の先輩たちとの活動などについてお話しいただきました。

先輩たちの活動についてご紹介させていただきます。
地方の高速道路の整備は都市部から順に国の予算を使い、地方にも高速道路を作っていくという計画だったのですが、小泉首相時代に公共事業も見直しをということで、やっと鳥取にも予算が回ってくるというときに、鳥取道の建設がストップするということになりました。
そこで立ち上がったのが、当時の鳥取青年会議所の先輩たちです。青年会議所の先輩でもある、麻生太郎大臣を訪ね、鳥取の高速道路の現状について訴えるなど、日本海新聞さんにも何度か記事にしていただき、地域の世論に訴えかける活動を行っておられたということをお聞きしました。

時代やメンバーは変わっても、青年会議所の「地域のために活動する」という思いは変わりません。我々の先輩たちのご活躍に負けないよう因幡地域の未来のために活動してまいります。

4月の振り返り

2021年5月 4日
皆さんこんにちは、理事長の澤田です。
コロナもなかなか収束しない中ではありますが、ゴールデンウィークに入りました。

去る4月21日は定例会が開催されました。
今年の定例会議案の目的は「ニューノーマルな定例会」です。
4月定例会では若桜町の矢部町長にオンラインで若桜町の町長室からご参加いただき、地域の取り組みをご紹介いただきました。
鳥取青年会議所は若桜町を含む、一市四町からなる因幡地域で活動しているのですが、近年は鳥取市中心の活動になっていました。
本講演では四町の一つである、若桜町にスポットを当て、お話をお聞きしました。
私が感じたことをシェアしていきます。
若桜町は人口3,200人のコミュニティで、単純に人だけにフォーカスすれば小さな取り組みやリスクの少ない活動になりがちですが若桜町は将来に向けた投資をたくさん行っておられます。
その多くは、リソースを正確に把握し、地域の人の力でより発展させていく、育てていく、という考え方の上に成り立っています。
費用が掛かっても必要なことは躊躇せず行うという矢部町長のリーダーシップにも多くのことを学ばせていただきました。
若桜町(わかさちょう)公式ホームページ [鳥取県八頭郡若桜町] (town.wakasa.tottori.jp)
最後は矢部町長の「鬼滅の刃がなぜ流行っているのか。今の私には理解できない。ただ、これだけのブームになっているのだから何が人を魅了するのか勉強して青年会議所の若いメンバーの皆さんとも一緒に語ってみたい」というお話にとても感銘を受けました。

世界は今、私たちの想像を超えたスピードで変化しています。
矢部町長は分からないから理解したいと仰られていました。
私もそう思います。分からないから理解する努力をしより良い自分になっていく。
これからの新しい世界の生き方を教えていただいた定例会でした。
理事長 BLOG
2021年度 鳥取青年会議所
第62代理事長
田中 信也

理事長 BLOG 最新記事

理事長 BLOG カレンダー

loading ...

理事長 BLOG の読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。
私たちと一緒に活動しませんか? 鳥取JC 過去の活動・HP・記念誌 会員ページログイン カレンダー    

(一社)鳥取青年会議所

〒680-0831
鳥取県鳥取市栄町217
昭和ビル1F

[ ACCESS MAP ]

Tel : (0857)24-1638
Fax : (0857)24-1608