鳥取青年会議所(鳥取JC) 『一粒万倍』 HOME > 2021鳥取青年会議所 澤田理事長 の“テスト”ブログ HOME

新着記事

2021年1月17日
皆さんこんにちは、理事長の澤田です。
昨日は鳥取青年会議所の臨時理事会が開催されました。理事会は毎月一回開催されているのですが特別な理由がある場合に臨時で理事会を行うことが出来ます。1月の理事会では年当初ということで必ず決めなければならない議題がいくつかあります。しかしその議題が1月理事会で通らなかったので改めて理事の皆様に集まっていただき臨時理事会という流れになりました。
理事長として集まる必要のない会議を開催し、理事の皆様と設営をしてくれたメンバーの土曜の夜というご家族との貴重な時間を頂き、本当に申し訳なかったと思っています。会議の中でも私の理事長としての力不足もあり、良い進行が出来たとは決して言えず重ねて申し訳なかったと反省しています。
ただ最後までお付き合いいただき一つの結論を出せたことは皆様の貢献に感謝しています。本当にありがとうございました。


日が変わり今日はお茶の先生の初釜にお招きただきました。私の初釜は毎年、まず待合で「どうだったけな??」と作法を確認するところから始まります。お茶を習い始めて4年くらい経ったと思いますが毎年同じことを繰り返し、本当に進歩の無い自分に情けない気持ちになりました。そして何を思ったのか正客を買って出て茶室に入っていきます。半信半疑の作法を行いながら茶席につきます。亭主の来るのを待ちながら釜を見ていて次の作法はどうだったかと考えていたときに先生が入ってこられました。先生は私の不安を察し、にこりと笑い何気ない話から始めてくれました。なかなか稽古に参加できずいつまでも進歩しない私ですが特に茶席では先生はいつもそれを気にせずお茶を楽しむことを態度や姿勢で示してくれます。お茶の世界はお互いが普段から稽古をし作法や形を練習します。そして茶席が試合です。その作法や形をお互いが行うことで空間が作られます。しかし、その試合では誰も間違っているとは指摘しません。亭主に至っては客のことばかり考えどうやって恥をかかせないかを常に考えています。抜けている作法でも指摘せず、さもなかったことのように相手に悟らせず進めて行くのです。ではどこで恥を感じるのか。それは誰かに教わるのではなく自分が感じるのです。お茶の作法も知らない日本人の自分を勝手に恥じるのです。日本人とは本来そういったやさしさの中の感じる力で学び成長する文化を大切にしてきたのかもしれません。
お茶は本当に素晴らしい文化だと思います。日々忙しい時間を過ごさせていただいておりますが今年もまた恥の多い一年を過ごしていこうと決意を新たにした出来事でした。
2249A95B-E1AA-4785-9BE7-96E28601C6F5.jpg

歴史と伝統

2021年1月14日
こんにちは、理事長の澤田です。
日本はコロナ過で昨日は関東圏に続き、関西圏や福岡市など人口の多い所に緊急事態宣言が出されました。そのような中、世の中は自粛モードのストレスと不安が蔓延し、その行き場の無い不安が不満となり政府や行政に向けられているように感じています。ここで私たちは何を考えなければいけないのか?視点を変えると行政の方々も同じ不安の中で生活している市民でもあるということではないでしょうか。このコロナ禍を生き抜くためには私たちはもっと行政の方々の考えを理解することが必要なのかもしれません。お互いさまで協力し合い自助、共助、公助を念頭に置き自分に出来ることを行っていきたいと思います。
 
さて、今日は歴史と伝統について私が気付いたことをシェアしたいと思います。
鳥取JCの伝統とはなにか?という話しを良くメンバー間でもするのですがある方とお話をさせて頂いた時その言葉について考えていました。その方との会話の内容は当時どのように考えていたのかや理事長として、どのような行動をとったかという内容でした。私はメンバーでしたので、その時、私自身が感じていたことなどと照らし合わせながらお話を聞いていました。その当時は何で、そのようにしたのかがさっぱり、分からないかったのですが、そこには理由があり意味があるということをお話を聞きながら理解することが出来ました。立場を越えて様々な角度から見たことによりやっと起こっていたことを理解したのです。
そして、お話を通して、時代が変わった今でも、活かせることや今足りなくなったことなど多くの学びを頂きました。
私たちは簡単に歴史や伝統という言葉を使います。しかし、その本質をとらえなければ形を真似しただけの中身の無いものになってしまいます。お話しの中には、もちろん今の組織には合わないものもありました。時代が変わっていく中でそれは当たり前です。私たち後輩はその違いを時代背景やなぜ、それをやっていたのかという意味と照らし合わせながら理解し、考えることが大事だということです。最近はニューノーマルという言葉が使われています。それは決して歴史や伝統を軽んじるものではなく過去と未来の良いものを組み合わせて新しいものにしていくような、良いとこ取りの新しい形なのではないでしょうか。
S__23175352.jpg

而今

2021年1月 2日
新年明けましておめでとうございます。
今年で青年会議所活動も12年目を迎え私の大好きな鳥取青年会議所の理事長をお預かりすることになりました。
最近、よく過去の青年会議所(JC)の思い出を振り返っています。入会当時の思いや私を育ててくれた先輩方のこと、思い出深い事業などについてです。もしかしたらそんな過去が今の私に勇気をくれているのかもしれません。

さて、JCは単年度の組織で一年で役職がすべて変わります。メンバーの委員会も組織を動かす理事メンバーも全てです。理事に残る人もいますが役割は変わります。今年も新しい組織で一年が始まります。普通の会社で考えれば非効率です。引継ぎも必要ですし、もっと継続性があれば良いのにと考えたこともありました。継続性があるほうが地域の為になるのではないかと思っていたからです。しかし、今、理事長となりそのようなやり方についてはあまり大事ではないということに気づきました。環境や周りに不平不満を言うのではなく今、自分に出来ることを置かれた環境の中で精いっぱいやるということではないかと。これは青年会議所の活動だけではなく、すべてのことに言えるのかもしれません。自分のことばかりになると盲目になり周りのせいにして大切なことを忘れてしまいます。しっかり、自分とも向き合っていく一年にしていきたいと思います。

結びに、昨年はコロナ禍で本当に大変な年でした。まだ終わりは見えず2021年は日本にとっても、因幡地域にとっても、大変重要な年になると思います。たった一年、されど一年。どこまで出来るのかは分かりませんが、この地域に鳥取青年会議所が必ず新たな希望の光を灯して見せます。
改めて2021年度鳥取青年会議所にご期待ください!
  • 1
理事長 BLOG
2021年度 鳥取青年会議所
第62代理事長
田中 信也

理事長 BLOG 最新記事

理事長 BLOG カレンダー

loading ...

理事長 BLOG バックナンバー

2021 年

1 月( 3 件)

理事長 BLOG の読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。
私たちと一緒に活動しませんか? 鳥取JC 過去の活動・HP・記念誌 会員ページログイン カレンダー    

(一社)鳥取青年会議所

〒680-0831
鳥取県鳥取市栄町217
昭和ビル1F

[ ACCESS MAP ]

Tel : (0857)24-1638
Fax : (0857)24-1608