鳥取青年会議所(鳥取JC) 『根心』 HOME > 2019鳥取青年会議所 奥田理事長 の“根心”ブログ HOME

新着記事

2019年8月

2019年8月31日
  8月に入り、対外的事業すべての議案が採決をへて承認されました。すべての委員会が企画まではやりきったという結果。委員会によって様々な議論が交わされ、それぞれに担当常任理事という上役が客観視で議案を導き、またそれを担当副理事長が委員会側と上役側の両面を考えて指示したり、注意を促したり。たくさんの目線を加え理事会へ議案を提出し、よりスムーズな運営をという組織である。なぜ、同じ体制で議案承認までの過程が千差万別になるのか。委員長の性格?常任のマネジメント?トップの力不足?それとも・・・・?

 

面白い言葉がありました。

 

「我々は自律的な存在であり、自分自身の認識を磨くことで進歩し、世界をいい方向に変えることができるのだ。ただし、文明社会では、相手の意に反する力の行使が正当化されるのは、他の人々に危害が及ぶのを防ぐためである場合に限る。物質的であれ精神的であれ、相手にとって良い事だからというのは、干渉を正当化する十分な理由にはならない。相手のためになるからとか、相手をもっと幸せにするからとか、他の人の意見では賢明な、あるいは正しいやり方だからという理由で、相手にものごとを強制したり、我慢させたりするのは決して正当なものではない。」

 

「だからこそ、本人のみにかかわる部分については、当然ながら、本人の自主性が絶対的である。自分自身に対して、すなわち自分の身体と精神に対しては、個人が最高の主権者なのである。」

 

もっともな話である。トップであれ上役であれ、議案の主役である委員長本人の為という事で意に反する事を強要してはいけません。それがどんなに「その人のためだから」という理由であっても。主権者は委員長本人のものである。だからこそ、自主性が絶対的に必要なのである。難しいのは「ただし、他の人に危害が及ぶのであれば意に反しても正当化される。」という部分です。危害とはどこまでの事なのであろうか?一人でも迷惑だと感じれば危害なのか、生死に関わるような事までは危害と考えないのか・・・

 

おそらく、JCという環境はこの事を考えていく事が、何よりも課題ではないかと思います。それが一番つらい事でもあり、一番面白い事でもあり。これに向き合う事で認識が磨かれ、このまちを、大きく言えば世界をいい方向に変えることが出来る。

 

9月はついに60周年という大きな事業と記念大会。ご参加頂く皆様には、たくさんのお願いをさせて頂いていますが、引き続き何卒更なるご支援ご協力をお願いいたします。そして60周年という出来事が、組織の理念でもある「明るい豊かな社会」を目指し、永続していく事に対して、すばらしい過程である事を願って8月が終わります。

2019年7月

2019年7月31日

7月に入り、いよいよ私の理事長生活も後半戦。最近ここ半年の自分の選択について振り返ることが多くなりました。自分の芯に一貫性を持って判断していたことに多少ブレが生じてきたように感じるときもあります。何故かというと相手を理解したからだと感じています。自分と生まれも育ちも違う人たちに対し、一貫性という自分の価値観を100%理解してもらう事が最近ではワガママのように思い、相手に対して歩み寄っているような。リーダーとして選択が適切なのかどうかという疑問が一番強くなったところで、これからが折り返し地点なのだなと認識しました。夏という事で暑さが心配になり自分の会社の現場を回り、従業員たちがどんな状況なのかを確認しましたが、やはり今までと暑さが違う。毎日こんな暑さで一日中外仕事を頑張ってくれている事に「ありがたい」の一言です。改めて、まちづくりも仕事も両方成長させなければと考えています。

 

例年横浜で開催されているサマーコンファレンスにも参加しました。私の好きな田坂広志氏の講演の中で、まちづくりに必要な3つの要素、「プロフェッショナル人材」「ネットワーカー人材」「リーダーシップ人材」が必要であり、学校教育の中でこの要素を習得するのは不可能であると。しかし現代の教育を否定しているわけではなく、今後どうやってこの能力を身につけていくのかという課題がテーマでした。プロフェッショナル人材というのは職業的能力であり、やはり社会人になって現場を経験していないとその種のプロフェッショナルにはなれない。ネットワーカー人材とはコミュニケーション能力が必要であり、色々な人との関わりを持つことで人と人をつなげる役目という事。これについても学校教育では教えて頂けない。最後のリーダーシップ人材ですが、今までのように「俺についてこい」というイメージではなく、「志」や「使命感」が長けていて、何も言わなくても周りに人が集まり、この人と一緒に仕事がしたい、まちづくりがしたいと思われるようなリーダーだという事。3つの要素が備わっている人がいれば一番いいのだが、そんな人材はなかなか存在していない。だから、JCという組織がその成長の機会であり、その中でこの能力を身につけることが出来るのだと説明がありました。それに加え、学生と一緒になって事業を作り上げていけば、学生時代でもこの能力を身につけていく事が出来る。苦労や失敗があるかもしれないがそれを乗り越えたとき一番成長しているのは実は自分自身だと。

 

学歴評価が重要視されてきた社会から変革し、この理論が常識となり、みんなに拡がればどれだけの人が更に生きがいを持ち、幸福になるのだろうと思います。たくさん本を読んだり、人の話を聞いたりしましたが、なぜこの人の話は何の抵抗もなく聞けるのだろう?何一つ引っ掛かりがない。意外に歩んできた事や感じてきた事が被っていたりして・・・そんな事ないと思うのだが。今まで以上に会って話してみたいって思いました。

 

もう2か月無いうちに60周年という鳥取JCにとって大きな締めくくりが・・・・。我々の思いがたくさんの人たちに少しでもいいから「共感を」と願い7月も終わります。

2019年6月

2019年6月30日

「申し訳ありません」 

実はこのブログ記事、すべて最近書きました。何故かというと、私はSNSとかブログとか自分の考えている事を不確定多数の方に伝える必要性を感じませんでした。もう一つは自分からやろうという気が起こらないと、周りから何言われようが無責任と思われようが自分がやろうと思わないことを半強制的にやったところで情熱がないと意識しているからです。これもある意味、自分なりの「根心」

なぜ今書いているか?これは自分のために書こうと思ったからです。自分が何を考えているのかを自分が一番分かっていないのではという疑問と、自分の主張が本心なのか?偽心なのか?簡単に言うと、世の中に言葉のボールを投げて賛成でも反対でもボールが帰ってくれば本心だろうし・・・帰ってこなければ偽心だろうし・・・それを確かめるために文章を書いています。あと、これをやっておけば自分を振り返るときに参考になりそうな・・・という事でまだ反応はわからないけど、文章作成だんだんしっくり。

 

最近気になった言葉。「人は建築することで大工となり、琴を弾ずることで琴弾となる。正しい行為をなすことで正しい人となり、節制的な行為をなすことで節制的な人となる。もろもろの勇敢な行為をなすことで勇敢な人となる」ここからが重要「善の達成者となるのはその能力をただしい仕方で働かせるところの人々なのである」自分の正しい能力ってどういう能力なのだろう?という事は、例えると商売が上手くいけば「経営者の能力」があり、失敗すれば能力がない。まちづくりが上手くいけば「JCとしての能力」があり、できなければ能力がない。逆を言うと沢山経験しないと「正しい能力」はわからないってことですね。

鳥取というまちも同じで、いろんな経験に出会って「まちの能力」がわかるという事になる。ただ、いろんな人やまちと交流しようにもまだ遠く感じます。最近道が良くなったといっても県外に出向くには、今から会おうっていう距離感ではない。必要なのは広くて速く走れる道ではなく、できれば「1時間以内」で県外と交流できるようになれば・・・

「本当に必要なインフラ」というのはすぐに会える。今から会える。いつでも会える。そこから友達をつくり、色々な経験ができる環境という事ではないだろうか?そんな環境をつくることがまちに正しい能力を探す一番の近道であると私は考える。次年度の準備もそろそろ始まり、JCに夢のある主張が続いていけばと願いながらの6月でした。


AWARDS JAPAN申請受付開始 理事長 BLOG
2019年度 鳥取青年会議所
第61代理事長
奥田 真悟 2020年度理事長予定者

理事長 BLOG 最新記事

理事長 BLOG カレンダー

loading ...

理事長 BLOG の読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。
私たちと一緒に活動しませんか? 鳥取JC 過去の活動・HP・記念誌 会員ページログイン カレンダー    

(公社)鳥取青年会議所

〒680-0031
鳥取県鳥取市本町3丁目201番地
鳥取産業会館・鳥取商工会議所ビル4F

[ ACCESS MAP ]

Tel : (0857)24-1638
Fax : (0857)24-1608